こはすくん         ご挨拶



 当豊仁会は、昭和56年10月開院の高知医科大学医学部附属病院内において、医学部及び同附属病院の運営に関する助成や保健衛生に関する知識の普及、その他必要な事業を行い、もって地域医療水準の向上と社会福祉に寄与することを目的として、昭和56年9月26日に高知県知事の認可を受け公益法人「財団法人豊仁会」として設立されました。
 平成15年10月に旧高知大学と高知医科大学が統合して高知大学となり、また、平成16年度には国立大学法人高知大学となりましたが、当初の目的に沿って高知大学医学部及び同附属病院の医学教育・研究に対する奨励助成、附属病院の運営に関する協力助成、患者の療養に必要とする各種サービスの提供、慰安・救援等の事業を行ってまいりました。
 その後、平成20年12月 1日の公益法人制度改革に伴い特例民法法人としてその事業を実施してまいりましたが、平成24年 4月 1日付をもって高知県知事の認可を受け「一般財団法人豊仁会」に移行いたしました。
 一般財団法人移行後も、患者様やそのご家族の皆様、医学部及び附属病院勤務の教職員や関係者の方々のお役に立てるよう、設立時の趣旨を踏まえ事業を充実・運営してまいる所存でございます。
 今後とも、皆様方のご理解とご支援ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

平成 29 年 6 月

一般財団法人 豊仁会

理事長 前田 邦章



HOMEhome